緑の夢

こんにちは。

断酒12ヶ月目です。

クロノ・トリガーというゲーム知っていますか?

スポンサーリンク

クロノ・トリガーとは



クロノ・トリガー
とは1995年に発売されたスーパーファミコンソフトです。

クロノ・トリガーは、ロールプレイングゲームとして、2020年現在においても絶大な人気をほこっています。

ゲーム内容は過去・現在・未来を自由に行き来しながら、クロノ(主人公)達が星(地球?)の運命を救うというものです。

スポンサーリンク

緑の夢

話の中に「緑の夢」というイベントがあります。

過去において広大な砂漠地帯がありました。

それは現在の時点においても砂漠です。

木々が生茂ることはありません。

土地は枯れ大地は荒れ果てていました。

そこでクロノ達は木々が生茂る森へと変えるのです。

どうやって?

過去の時点で砂漠を森に変えるべく、行動を起こすのです。

大地を耕し種をまき、水を与えるのです。

大地が森になるには気が遠くなる程、悠久の時間が必要です。

悠久の時間、種をまき続けられる者が必要です。

人間にはできません。

クロノの仲間には未来から来たロボットがいます。

そのロボットが名乗りを挙げます。

「ワタシがヤリマス」

スポンサーリンク

未来に種をまく

ロボットは気の遠くなる時間、大地に種をまき水をやり続けました。

実に400年間、ロボットは種をまき続けました。

クロノ達はロボットをその時代に残し、現在へとタイムトラベルします。

400年間もの時を一瞬でタイムトラベルします。

そこにはもう砂漠はありません。

広大な森が目の前に広がっています。

朽ち果てたロボットが祀られています。

「オオ…ナツカシイ。アナタたちには一瞬の出来事デアッタデショウ…。400年もの時はナガスギマシタ…」

ロボットは見事未来に種をまき、花を咲かせたのです。

スポンサーリンク

自分にしかできない

400年間もの間動き続けられるのはロボットしかいません。

ロボットはそれが分かっていました。

「自分にしかできない」

「自分がやるしかない」

自分で決意し自分でやり遂げたのです。

断酒は誰ができるでしょう?

誰がやり遂げるのでしょう?

自分しかいません。

スポンサーリンク

揺るがない実績

広大な森を生み出すという揺るがない実績を、ロボットは生み出しました。

未来に向け種をまき続け断酒しましょう。

断酒はロボットがやり遂げた未来への種まきと同じです。

未来には大きな資産という森が育っていることでしょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました