飲んだところで結果は悲惨

こんにちは、星ハジメです。

抵抗したって結果は同じ。

こんな言葉を聞いた事ありますよね?

でも結果は同じならば、まだかわいいものです。

酒を飲んだら結果は悲惨、無残なのですから。

無駄な抵抗はやめよう

「どうせ無駄だ。こんな事したって何にもならない」

「これくらいの力ではびくともしない」

自らの置かれている現状において自らの力不足や、どうにもならない事を悲観し思考行動をやめてしまった経験はありますか?

私は何度も何度もあります。

そうして自らの絶望を癒す行動を取ろうとするのです。

「面倒くさいから諦めよう。一旦酒飲んで今日の所は忘れよう」

今を改善しようとする策

自らの置かれている状況を悲観し絶望するのは、今をよくしていきたいと思うからこそ壁に打ち当たり、その壁の硬さ、高さを認識するからなのです。

つまり、その絶望感や諦めはチャンスなのです。

今を良くして、さらに将来に渡って良くなっていくヒントなのです。

絶望に感謝しましょう。

飲酒が改善策となり得るのか?

即答ですね。

改善策となるべくもありません。

「抵抗したって無駄だ。

努力したって無駄だ。

継続したって無駄だ。

そんなことしたって結果は同じだ」

千歩譲って、これが正しいとします。

行動を起したところで結果は「同じ」

現状維持と言う事です。

ではお待ちかねの飲酒は?

「飲酒したって悲惨だ。

飲酒したって無残だ。

飲酒したって残酷だ。

そんなことしたって結果は最悪だ」

飲酒は改悪策という事です。

飲まなかったら現状を打開できる

飲まなかったら行動できる。

飲まなかったら改善できる。

飲まなかったら継続できる。

飲まなかったら努力できる。

飲まなかったら修復できる。

飲まなかったら生産できる。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました