依存ビジネス

こんにちは。

断酒1年目です。

依存ビジネスの
餌食になっていませんか?

スポンサーリンク

お酒販売が悪い訳ではない

私は断酒をしています。

これから一生お酒は飲みません。

お酒とは決別しました。

しかし
お酒自体、お酒を飲む方を
悪く思うことは当然ありません。

適切に飲酒できる方が
ほとんどであると思いますので、
お酒で楽しむことは
何ら問題ありません。

お酒、お酒販売が
悪いということはありません。

自分が断酒しているから
お酒は悪だ!というのは
都合が良すぎます。

目を向けるべきは
お酒の危険性です。

スポンサーリンク

危険をしっかりと認識する

お酒=アルコールには
危険がたくさんあります。

人体への影響、
社会的な影響、
人生への影響と
人間にとても深刻な影響を
及ぼします。

依存性ともなれば
自然治癒はありません。

治療によって直していくのです。

それは長い年月をかけ
続いていきます。

スポンサーリンク

CMの脅威

よく見ませんか?

お昼からみんなで集まって
若い女性たちが乾杯しているCM。

飲みたい気持ちにさせて
お酒を買ってもらおうというものです。

もう少し考えてみると
「お昼」「女性」「若い」
という塊が見えます。

これはこの塊を
狙い撃ちして売上拡大を狙っているのです。

売上を
いわゆる「おじさんイメージ」から
拡大していくための戦略なのです。

まだ売上拡大を狙えるスキマを
突いてきているのです。

スポンサーリンク

売上拡大したい

お酒を販売する側は
売上拡大が至上命題です。

実際飲酒する人のことは
考えていません。

お酒に依存してもらった方が
売上が拡大するので好都合です。

依存ビジネスは
社会が不安定になったとしても
好調です。

需要者が依存しているからです。

スポンサーリンク

我々は見方を変えるべき

CMの脅威や
依存ビジネスといった
話をしました。

「考えすぎだ」
「そんな風に考えなくても」
「卑屈な考えだな」
「お酒は良いもんだよ」

という意見があると思います。

実際お酒依存していない方には
まさにそうなのです。

CMを見て
美味しそうだなと好印象を持つのです。

好みのお酒を楽しみにします。

しかし
私たちはお酒に程度の違いはあれど
依存していたのです。

お酒に依存していると
依存ビジネスがレバレッジを効かせ
貴重な人生を奪い去っていきます。

飲む方と飲まない方の両方が分かる
私たち特殊能力者は
お酒への見方を変えるべきです。

まとめ
■お酒の悪ではなく危険性を考える
■お酒の影響は人生に及ぶ
■CMは避ける
■会社の利潤追求としてのお酒
■特殊能力を使うべきは今

コメント

タイトルとURLをコピーしました