限界を感じるのは結構むずかしい

こんにちは。

断酒応援します。

限界を感じるのは
結構むずかしいのです。

スポンサーリンク

限界とは

限界とは
もうそれ以上できない
進めないといった
限界範囲のことです。

もう限界だ…
というと
それ以上何もできない、
一歩も進めないとなります。

断酒において限界は
飲酒欲求が襲ってきて
我慢の限界ということでしょう。

スポンサーリンク

限界を理由にやめたい

もう走れない…

もう頑張れない…

もう戦えない…

こういう気持ちは
どうして湧き起こるのでしょうか?

実際に
辛いし苦しいから
湧き起こるのですが、
その気持ちの理由は

「やめたい」からです。

苦しいからやめたいのです。

断酒が苦しい時に
飲んでしまいたいと
思います。

しかし
限界はまだまだ先にあるようです。

飲酒欲求の我慢の限界は
まだ先なのです。

いわば
限界と思う間は
限界ではないのです。

言い換えれば
限界を感じるということは
死に近いということでしょう。

ということは
限界を感じるのは相当
むずかしいようです。

スポンサーリンク

限界は結構先にある

一流のアスリートは
強烈な筋肉疲労が襲ってきた時、
実際に限界がきたわけではないことを
知っているのです。

疲労感による限界感は
実際の限界が来る前に
体の動きを止めさせようとする
脳が生み出した感情に過ぎないのです。

断酒においても
同じことが言えます。

断酒は
意思力を使います。

意思力も筋肉のようなものです。

使えば疲労感が発生します。

断酒の限界を感じた時
それは限界ではなく、
脳が生んだブレーキ感情なのです。

ここは
ブレーキを踏まずに
ぶっ飛ばしてください!

断酒ハイウェイには
他の車はいませんので大丈夫です。

ハイスピードで
断酒ゴールへ向かってください!

スポンサーリンク

レジリエンス訓練

断酒で苦しい時、
苦しみを楽しみへ変換できるよう
考えてみてください。

「この苦しさは
いつまで続くわけ?

本当に楽になるのかよ?

毎日辛いんですけど。

炭酸水も効かない時あるし。

やってられねーよ」


「へー
酒やめたら
こんな体調の変化があるのか。

まあ当たり前か。

毎日飲んでいて
心身が酒を入れてくれー
と言っているんだ。

私が酒を望んでいるわけではない。

あくまでも
心身が酒を渇望しているんだ。

2週間もやめたことないからな。

不眠、便秘、イライラ、無気力、
さみしさ、不安…

あとは何が来る?

一応楽しみにしておいてやろう。

楽になったら
世界が変わるらしい。

とんでもなく良いものらしい。

これを
心のよりどころに
断酒継続しよう。

今日は
ファンタでも飲んでみるか。

ん!?
今まで酒コーナーしか
行ってなかったから
分からなかっらけど
飲料コーナーすごい品揃えだな!

いっぱい
美味しそうな炭酸やら
ジュースやら飲料が並んでいる!

いろいろ
試してみよう。

明日の朝も
体調いいだろうな」

無理やりでも
ポジティブにいきましょう!

スポンサーリンク

知っているだけで強い

断酒において
断酒情報、有益な情報を
知っているだけで
断酒の強い味方になります。

いざ
断酒の困難が
襲ってきた時に

「これはあのブログで
やっていたな」

「それも知ってる」

など知っているだけで
多くの困難を乗り切れます。

知っているので
襲ってきた困難に対して
観察するといった態度を
取ることができます。

自分を客観的に
見ることができ断酒継続できます。

まとめ
■限界とは死に近い
■限界の時は限界と言えない
■限界を感じるのはむずかしい
■強制ポジティブ
■それも知ってる…

コメント

タイトルとURLをコピーしました