飲酒は自分の時間を奪っている

こんにちは、星ハジメです。

飲酒が生きがいで、なくてはならない。

私はこんなことを飲酒当時考えていました。

飲酒時間こそ自分の時間なのだと。

しかし、断酒して気づきましたよ。

飲酒は搾取時間だったのだと。

搾取される時間

飲酒は搾取時間。

真実です。

飲んだら飲んだだけ、私たちは搾取されていきます。

酒を飲んで自らを失って酩酊する飲酒は、自らの人生を奪われる時間でしかないのです。

楽しんでいるつもりが搾取されているのです。

私も含め多くの人にとって、仕事後の時間は自らの時間のはず。

その時間に飲酒するということは、自らの時間を削っているということなのです。

気づいて下さい。

自らにとって何にもならない時間

飲酒が搾取時間となる理由は、自らにとって何も有益なことがないからです。

自らの血肉となることが何もありません。

学びもない、成長もない、気づきもない、毎日陳腐な日々の繰り返し。

こんな時間が搾取でなくて何だというのでしょうか?

飲酒時を思い起こして下さい

「そんなことはない。私はしっかり酒を楽しんでいる。

酒を飲んでも充実した人生を送っている」

こんな意見がありそうです。

当時の私がいたら絶対このように言っていたでしょう。

ですが残念ながら搾取時間で間違いないのです。

断酒して酒なし生活を実体験して分かったのです。

酒なし生活の有益さ、学び、成長、日々の刺激。

どれをとっても飲酒時代のそれとは比べ物になりません。

断酒して酒なし生活にならなければ、この有益さは実感できないのです。

断酒しなければ、ずっと搾取され続けるのです。

断酒しないなんて本当に勿体ないですよ。

自分の時間を作りましょう

搾取されたい人間なんていません。

逆に搾取したい人間はいます。

飲んでいたら、そういう人たちの思う壺ですよ。

骨の髄まで絞り取られて終わりです。

断酒して酒なしの平常人生を送り、自らの時間を作りましょう。

その時間で自己成長を続けましょう。

何と心地良いことか実感するはずです。

飲酒時間なんて大っ嫌いです笑

シラフ大大大好き!

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました