特別な日

こんにちは。

断酒応援します!

特別な日には酒が必須?

そんな訳ありません。

特別日

お盆、クリスマス、お正月。

これらは飲酒モチベーション向上の三大特別日ではないでしょうか。

スーパーには大きなお寿司、オードブル、焼肉、お刺身など、ご馳走が並びます。

そんなご馳走を見ると瞬時にお酒が頭に浮かびます。

「ゴクリ…今夜は祝杯だ」

また、お祝いムードも飲酒動機を活性化させます。

こうなったら飲むしかないのです。

お酒と一緒

特別日はお酒と絶対に一緒です。

お酒なしなど頭にはじめからありません。

近々にお盆が迫っています。

注意してください。

お酒なしでもお盆はお盆です。

お盆だからといって飲む必要性はありません。

日付がいつものように変わるだけです。

お酒なし特別日

私は2019年7月3日から断酒しています。

その間、お盆、クリスマス、お正月を迎えました。

断酒するようになってはじめてのお酒なし特別日です。

お酒なし特別日の感想です。

「お酒なしで余裕だな…」

何にもさみしくないです。

何も損している気にもなりません。

また特別感は薄れます。

ただ日付がいつものように変わるだけ、と思いました。

淡々と日々を過ごしました。

つまらないように感じるかもしれませんが、つまらなくはありませんでした。

本当にただ淡々と日々が過ぎるだけ、です。

それ以外の感情は特にありませんでした。

自分で特別日をつくる

お盆、クリスマス、お正月。

楽しめば良いと思います。

ただこれらは、だだ日付が変わるだけ、です。

お酒をやめると私は特別感が薄れました。

そんなにワクワクする程でもないのです。

ワクワクしていたのは特別感を感じながら飲酒できたからです。

飲酒しなくなった今は、特別日は自分で作り出そうと思うようになりました。

例えば断酒に挑戦した日、2019年7月3日というように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました