飲酒は苦しみを与えるものへと変わる

こんにちは、星ハジメです。

以前はあんなに快感だった飲酒が、いつの頃からか虚しく、かつ苦しいものに変わった。

その変化は必然なのです。

ずっと飲み続けて楽しいということはあり得ないのです。

なぜならば酒は毒だから。

はじめは酒が楽しい

私も20歳から飲み始めた頃は楽しかったですよ。

非現実には欠かせない酒でした。

「飲みに行くぞ!」

この掛け声は私の心を高揚させたのもです。

そして友人や仲間と酒でつながる瞬間が本当に楽しく感じたものです。

旧友なんかと再開して飲む酒なんか、特に非現実感が増して最高な記憶を作り上げました。

でもそれは長くは続かないんですよ。

毒の特性

30歳前後くらいからでしょうか。

まず、飲酒すると体の調子が非常に悪くなるようになりました。

久しぶりの再会でグイグイ進んだ酒で、次の日は立ち上げれません。

友人がタバコでも吸っていたら副流煙の影響で次の日は地獄を彷徨います。

何かを体に取り入れたら立ち上がれなくなる。

まさに毒物。

始めは不調が感じられなかったのは、毒を少しづづ摂取していたからです。

毒は蓄積しているんです。

私たちの体に毒の山となって、積もり積もっているのです。

虚しすぎる…

体の異常な不調を感じても飲酒を続けるのですよね。

私もそうでした。

飲まなければ、その不調は吹き飛ぶというのに飲酒をやめることができない。

酒にズッポリと依存してしまったのです。

こうして、いつしか楽しくない、苦しいだけの飲酒を続けるのです。

今は充実し過ぎている

体の不調を感じたら、その原因を探って下さい。

医者でなくても分かるはずです。

その不調の原因は酒なのです。

酒しかないのです。

歳のせいではありません。

今までの酒毒が蓄積して害を発生させているのです。

断酒をすれば酒の毒は体から少しづつ出ていきますよ。

そうして健康な体と心を取り戻せますよ。

さらに健康な人生も取り戻せますよ。

全ての不調の原因は酒。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました