本当は何を求めていた?

こんにちは、星ハジメです。

何かに依存することは、依存の対象を求めているわけではないのです。

タバコなら安心感?酒なら社交性?ギャンブルなら一攫千金?人間関係ならつながり?

答えが出るものではないですが、依存を知ると本当に自らが求めているものが見えてくるかもしれません。

スポンサーリンク

依存の対象は大替品

酒に溺れたきっかけは何でしたか?

私は就職がきっかけでしたね。

22歳で就職して、仕事のつらさから一時逃れられる飲酒空間が最高だったんです。

実際仕事がつらいなと思ったのは新入の数年間でした。

ですがその後も飲酒を続け、飲まずにはいられない心身になったのです。

では、22歳に酒を求めた先にある欲望は何だったでしょう?

スポンサーリンク

依存の先にあるもの

仕事、社会の厳しさから逃れる手段としての飲酒。

その先には心豊かに穏やかに過ごしたいという欲求があるのです。

心安らかに過ごすとこができれば酒などいらなかったということです。

しかしそれが当たっているかは分かりません。

酒依存の先には心の平穏ではなく、全く別の欲求があったのかもしれないのです。

スポンサーリンク

すぐに答えが出るものではない

なんともフワフワした表現をしてすみません。

つまり何が言いたいのかというと、「自らの求めているものは依存がヒントになる」ということです。

そうして、そのヒントを持ってずっと生きていくのです。

「私は心の平穏を求めていた?ではどうしたら心安らかに生きられる?

お酒を飲んだら心安らかにならない。

飲まないで生きることが私の求めていた事なのかもしれない」

スポンサーリンク

一生シラフで生き続ける

そうしてずっと生きていきましょう。

時に自らが求めていたものではないと、はっきり認識することもあるでしょう。

そうしたら、またシラフで自らの欲求を探りながら生きていくのです。

依存の対象がヒント。

私たちが求めているものは依存の対象物ではないのです。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました