飲酒して失ったら一生覚えている

こんにちは、星ハジメです。

想像してみてください。

今日1万円貰った場合と、今日1万円失った場合。

1ヶ月後、どっちが強烈に印象に残っているでしょうか?

私は1万円失った方を執念深く覚えています。

負のインパクトが強烈に残る

生きていて良かったことって案外すぐに忘れてしまいますよね。

あんなに得をしたのに、あんなに良い思いをしたのに、結局もう覚えていない。

でも逆に悪かったこと、嫌だったこと、悔やんだことって、ずっと覚えていますよね。

これは脳の画像解析で裏付けれられているのです。

化学的に証明されているわけです。

人間の脳は利得よりも損失に大きな反応を示す

引用:依存症のすべて「やめられない気持ちはどこから来る?」
著者:廣中直行
発行:講談社

飲酒して負のインパクトが残ったら?

体の不調を無視して飲酒を続けてその結果、取り返しのつかないことになったら?

心も体も社会的にも信頼を失ったら?

大切な体を壊したら?心を壊してしまったら?大切な関係が壊れてしまったら?

そうしてその負の感情、インパクトは一生残るのです。

消えることのない負の遺産として、ずっと抱えていかなければいけないのです。

今がターンニングポイントです

「酒をそろそろやめないといけないなぁ」

この調子ではおそらく10年後も飲んでいます。

今日この瞬間がターンニングポイントなのです。

目先の快楽で断酒を先延ばしにした結果は悲惨です。

希望の断酒を今日から始めましょう。

失敗も断酒の内です。

失敗(エラー)がなければ成功はありません。

一番いけないのは断酒に踏み切らないことです。

断酒して飲んでしまったとしても再度トライすれば良いのです。

断酒も頭に残らなくなりますよ

負のインパクトは一生覚えている。

正のインパクトはすぐに忘れる。

負のインパクトは飲酒で失うすべて。

正のインパクトは断酒で得るすべて。

断酒で得るすべてはすぐに忘れてしまうのです。

断酒をしているということ自体、すぐに忘れてしまうでしょう。

断酒一年後には過去を精算し、新たな一歩を踏み出す私たちがそこにいるのです。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました