断酒して心の居場所をつくりましょう

こんにちは、星ハジメです。

断酒以来、
私にはシラフの空間、
シラフの日常、
シラフの静寂、
シラフの希望があるのです。

そして
それらのものは
私に安らぎや安定を
与えてくれます。

シラフは
私の居場所なんです。

私には
居場所があるのです。

飲酒して過ごす日々に
居場所はありますか?

本当の居場所を
つくりましょう。

スポンサーリンク

心の居場所はすべての拠点

心の居場所があれば
自己効力感が増します。
断酒と自己効力感

私には
これがあるんだ、
これに没頭するのだ、
こういった
心理的な居場所があれば
私たちは
強く生きていくことができるのです。

例えばこのように。

「仕事でとても嫌なことがあった。
こんな嫌な思いするのは
もうたくさんだ。

なんとでもなれ。
もうどうでもいい。

でも
家に帰ったら
ゲームが待っている。

俺にはあのゲームがある。

仕事なんて
どうでもいい」

この例は非常に極端ですが
自らの心理的居場所があるために
困難を二の次にできるのです。

心理的クッションと
言ってもよいかもしれません。

スポンサーリンク

飲酒は心の居場所にはなり得ない

当然ですが
飲酒は心の居場所になりません。

なぜならば
飲酒は嘘だからです。

飲酒しての
万能感、無敵感、開放感、安心感は
偽りなのです。

偽りの居場所に止まれば
もう一人の自分が、
それを認識します。

「俺は酒を飲んでしか
楽しむことができない。

酒がなければ何もできない」

こういった思いが
飲めば飲むほど
湧き上がってくるのです。

スポンサーリンク

帰ってからワクワク出来る居場所

本当の心の居場所は
紛れもなくシラフ。

ゲームでも読書でも
漫画でも音楽でも
シラフでの取り組みが
居場所となるのです。

仕事から帰ってきて
寝るまでの数時間、
心の底から楽しめることに
没頭することで
心の居場所を作り上げるのです。

思い出しましょう。

中学生くらいの時に
没頭していたものは
今でも好きではないですか?

手始めにそれをやってみては
どうでしょう?

スポンサーリンク

飲酒は大海原に浮かぶ小さな孤島

飲めば飲むほど
沈んでいく。

飲めば飲むほど
苦しくなっていく。

心の居場所が
なくなっていく。

酒が与えるのは
苦痛、絶望、不安、不安定。

シラフが与えるのは
心の居場所と自己効力感。

断酒して
飲んでいた時間を
趣味や勉強に使いましょう。

そこが
私たちの居場所なんです。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました