楽しみは帰宅後の飲酒だけですか?

こんにちは、星ハジメです。

「帰宅後は飲酒する。

それが何よりも
楽しみであり、
心の拠り所でもある。

つまり
私の人生は
帰宅後から眠るまでに
凝縮されている」

本当にそうでしょうか?

スポンサーリンク

帰宅後しか輝かない

疲れて帰ってきて
飲む酒は確かに
快感を感じました。

毎日何だかんだありますから、
帰宅後の飲酒は
心のオアシスだったのです。

そう、
飲酒時代は
1日のうちにおいて
一番光り輝く時間帯が
帰宅後から就寝までの
時間だったのです。

スポンサーリンク

帰って何してるの?

飲酒脳だった私は
雑談時にはよく
こういった質問をしていました。


「帰ってから何してるの?」

相手
「飯食って
風呂入って寝るよ」

心の中の私
「うっへぇ〜
それで楽しいの?

飯食って?
風呂入って??
寝る???

そんな何にも楽しくないじゃん。

酒飲まないと
つまらない生活してるんだなぁ」

なんという飲酒脳でしょう。

余計過ぎる心配です。

スポンサーリンク

24時間輝ける

当時の飲酒脳の私が
心配した生活は
実際どうなのでしょう。

今の私はまさに
飯食って、
風呂入って、
寝るです。

普通ですよ。

楽しくないとか
退屈だとか
何にも感想はありません。

24時間の生活の中の
ごく一部分なだけです。

今の私は
帰宅後が最重要時間帯では
ありませんからね。

私にとって
最重要な時間帯は
24時間すべてなのです。

24時間すべてが
貴重な時間なのです。

スポンサーリンク

酒への執着が人生の選択肢を狭める

飲んでいると
飲酒するために
生きることになってしまいます。

飲まずには
いられませんからね。

そんな生活だと
飲酒時間が生活の中で
最重要時間帯となります。

そんな時間の使い方では
私たちの人生は
破滅へ突き進むのみです。

酒は人生の選択肢を
破滅一択へと押し進めるのです。

酒なし生活は違いますよ。

シラフは人生の選択肢を
無数に与えてくれます。

当たり前のことですが
酒をやめて
人生を歩んでいくことが
最良なのです。

皆さんの24時間は
輝いていますか?

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました