【断酒】剣を振るのは腕の力ではない

こんにちは、星ハジメです。

皆さん、剣道はしたことがありますか?

私は小学校から中学校までずっと剣道をしていたのです。

まあまあ強かった?です。

中学生当時は試合で勝ちたいがために、竹刀を早く振りたいがために、重い木刀を振って練習していたものです。

気分はるろうに剣心の剣心。

でも全然試合には勝てないし、竹刀の振りも早くならない。

それどころが面の打ち方が、変に力んで逆にダメダメでした。

剣道は下半身なのです。

腰と足の踏み込みが竹刀の振りを早くするのです。

右足の踏み込みが鋭い剣を炸裂させるのです。

相手の目にも止まらぬ斬撃を。

木刀を振ってもあまり意味はない

面を早く打ちたい。

これは中学生の時の願望でした。

やはり竹刀の振りが早いと有利ですからね。

面、小手、胴、突き(禁止)が剣道における有効打です。

有効打と気合が一致した時、一本を取れるのです。

そこで竹刀の振りを早くするために重い木刀を振っていたわけです。

でもあまり意味はなかったですね。

木刀を振っていると竹刀が軽く感じすぎて、芯のある重い面を打てませんでした。

実際勝てませんでしたし。

腰の突進と右足の踏み込み

竹刀の振りを早くするのは、腹を重心にした腰の突進と右足の踏み込みです。

剣道をしたことのある方なら分かると思いますが、面を打った瞬間のフロアのドッシーン!!という音は足の踏み込みの音なのです。

踏み込みの力を竹刀の振りに伝えるのです。

それが難しいのです。

そこが習得できているとかなり強いです。

剣道は腰と右足です。

気合というオーラ

さらに強くなる要素があります。

それは気合です。

対面した瞬間に感じることのできる相手を包むオーラといってもよいものです。

「む、無理だ…。絶対に勝てない」

こうやって感じることもありましたよ笑

そういう相手には竹刀が当たらないんですよ。

相手を包むオーラに圧倒され、自身の竹刀はすべて受け流され、逆に強烈な一本を受けてしまいます。

相手は真正面から面を打ってくるのに反応できないんです。

打たれてから気づくのです。

それほど鋭く重い一撃を受けた後は無力感を感じるのです笑

酒を切り裂け!

そんな私も練習を重ね、腰と踏み込みを習得してからは結構強かったんですよ?

木刀を振らずとも早い面が打てるようになりました。

力を入れるところが違っていたんですね。

木刀ではなく腰、足捌き、踏み込みが重要なのです。

断酒だって意思では無理ですよ。

一人で我慢なんてつらいです。

断酒のつながりが重要です。

断酒初期、私は断酒ブログを読むだけでも本当に力が湧きました。

飲酒の無駄さがしっかり身に染みていきました。

断酒の有効打のつながりとなれるよう発信していきます。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました