自分を責めないで

こんにちは。

断酒応援しています!

断酒に失敗はつきものです。

断酒失敗しても、決してご自分を責めたりしないで下さい。

飲んでしまうのはアルコール依存のせい

「断酒を始めたけれど飲んでしまった。

いつも飲んでしまう。やめたいのに飲んでしまう。私ってダメな人間だ…」

こんなことは思わないで下さい。

全然ダメな人間ではありません。

ご自分でお酒をやめようと決断したのですから、とても素晴らしいです。

お酒をやめようと思ってもやめられないのは、アルコール依存であるからなのです。

決して自分自身のせいではありません。

程度の違いはあれどアルコール依存症という病気によって、お酒を飲まずにいられなくなっているのです。

私の失敗例

「フッフッフw 三日間も飲まないでいたぞ。

これから私は断酒するのだ。絶対に飲むものか。

飲んだら私はダメな人間だ。いいか、絶対に断酒しなければならぬのだ」

4日目、仕事終了後飲酒再開。

お酒やめられない絶望感、無力感、あきらめが襲う。

断酒の成功には、アルコール依存性という病気の症状から来る強烈な飲酒欲求を、いかに対処するかが鍵です。

やめようと思ってもやめられません。

飲酒欲求への対処が重要です。

飲まされないように対処する

断酒を継続させるため、いかに飲まないかを考えなけばなりません。

私の場合は炭酸水が最適でした。

飲酒欲求=炭酸水流し込み

これは人それぞれであるので好みのものを探してみて下さい。

コーラなんかも良いようです。

こちらは飲み過ぎ注意ですが。

そんなことで飲酒欲求を押さえつけると、ちょっと嬉しくないですか?

それを毎日継続させて下さい。

お酒の操り人形を断ち切る

お酒をやめられないのはアルコール依存のせいです。

ご自分がお酒の操り人形になってしまっているのです。

お酒をやめられないのは、ご自分のせいではありません。

お酒のせいです。

お酒がやめさせないようにしているのです。

お酒から逃げ出して下さい。

炭酸水で煙幕を張りながら大脱走です。

失敗しても大丈夫です

断酒に失敗はつきものです。

失敗したら失敗したタイミングを記録しましょう。

失敗するたびに記録します。

そうすることで失敗する傾向が見えてきます。

「あ…嬉しい時に失敗してる」

「あ…怒った時に失敗してる」

「あ…月末に失敗してる」

次の対策として活用しましょう。

失敗は成功へ導きます。

99敗1勝でいいんです。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました