約束でやめられたらアルコール依存症はこの世に存在しない

こんにちは。

断酒応援しています。

飲まない約束で、お酒をやめられたらアルコール依存症はこの世に存在しない。

飲んでしまう病気

アルコール依存症は病気です。

飲むなと言われても飲んでしまう病気です。

誰しもがなり得るものです。

私もアルコール依存症であったでしょう。

お酒をやめようと思っても、やめることができなかったからです。

病気には適切な治療をしなければなりません。

そして最終的に、お酒を断つのは自分なのです。

つながり

断酒でアルコール依存症の治療を始めると苦しい離脱症状が現れます。

その苦しさから再飲酒してしまう場合があります。

私は何度も再飲酒しました。

そんな時断酒会AAといった、つながりがとても力となります。

同じ体験をしてきた方々のミーティングによって語り合い、話を聞き断酒継続をしていくのです。

私も微力ながら断酒のお手伝いをさせて頂きたいと思っております。

しらふでの体験を重ねる

つながりを得て断酒を継続していきます。

そんな時しらふでの新しい体験を積み重ねることで、しらふの自分が再構築されていきます。

今までのアルコールで作られた自分ではありません。

しらふの正真正銘の自分です。

アルコールという盾がありませんので打たれ弱いです。

そんな時には踏みとどまるつながりが大切です。

踏みとどまる

挫けそうな時、つながりが踏みとどまらせてくれます。

私でよければぜひ応援させて下さい。

同じ体験をした人間としてつらさ、苦しさは本当によく分かります。

ぜひ踏みとどまる何かを見つけて下さい。

飲まない仕組みをつくる

断酒継続には飲まない仕組みづくりが勝敗を決めます。

飲まないようにしても飲んでしまうのです。

飲めないようにするしかありません。

  • お酒を他飲料にすり替える
  • お腹いっぱいにしておく
  • 酩酊した自分を撮影したものを直視する

など飲まないようにするのではなく、飲めないようにするのです。

日々一歩づつ断酒を継続させていきましょう。

失敗しても再挑戦です。

99敗1勝でも大勝ちなんです。

断酒応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました