飲酒による事件事故

こんにちは、星ハジメです。

酒を飲んで喧嘩する、酒を飲んでトラブルに会う、酒を飲んで事故に遭う、酒を飲んで事故を起こす。

酔いが覚めたとき、何もかもを失っていることに気づくのです。

「飲んでその一時は気分最高」が「酔いが覚めたら地獄」を見るのです。

自分が不利益を被るだけではありません。

何の罪もない人の人生を奪ってしまうことだってあるのです。

酒とは形を変えて人間の命を奪う物なのです。

飲酒運転

飲酒運転の車に命を奪われたら?

もしくは自分が加害者になったら?

一生かけても償うことなんてできないのです。

死してなお、罪の意識に苛まれるのです。

飲酒運転をする人間はアルコール依存症です。

これを病気だからといって許すことなどあり得ません。

飲酒運転によって加害者となったら一生償いを続けることになるのです。

それも償いきれない重過ぎる罪を背負うのです。

酒を飲んで車を運転するということは、その時点で殺人罪を犯しているのです。

転倒・転落

酒を飲んで駅のホームへ転落する。

酒を飲んで道路で眠り込む、階段を踏み外す。

そうして人生が終わってしまうことだってあるのです。

みんな「私は大丈夫だ」こうやって思っているのです。

酒に対して私たちは無力です。

抵抗することなんてできません。

飲んだら私たちは正常ではなくなるのです。

異常行動をとるのです。

飲酒は死と隣り合わせなのです。

窃盗・暴力

シラフの頭で窃盗や喧嘩しませんよ。

だってしてはいけないじゃないですか。

そんなこと分かり切っているじゃないですか。

腹が立っても抑えるじゃないですか。

欲しいものがあっても買えなければ我慢するじゃないですか。

酒を飲むとそんな人間としての品格まで破壊されるのです。

飲んだ私たちは本当の私たちではありません。

酒の操り人形なのです。

酒があなたをおかしくする

酒の害なんて、医者でなくてもしっかりと認識できます。

だって目に見える害しかないですから。

シラフの頭だったら「飲酒運転なんてする訳ない」「道路で寝る訳ない」「盗む訳ない」「殴る訳ない」

酒がおかしくしているのです。

酒はドラッグであり猛毒なのです。

麻痺させた脳で事件事故を起こしたら、死してなお、罪を背負い続けるのです。

酒なんていらない、シラフで自らの人生に誠意を持って生きていくのです。

それがこの世に生まれた意義であると思っています。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました