断酒の手がかり

永遠に続く快感はない

こんにちは、星ハジメです。いくら求めたところで快感はいずれ色あせ、必ず消えていく。シラフの日常は色あせず、必ず残る。快感を求めた先にはなくなってしまった快感を悲嘆するのです。つまり快感は苦悩という事です。酒は苦悩ですよね?
断酒の手がかり

自分の事は自分が一番関心があるのです

こんにちは、星ハジメです。「毎日飲むのをやめたいな、だって健康にも悪いし、何より酒の影響で環境も悪くなった。このまま飲んでいてこの先希望が見えない」こうやって思うのは正真正銘の自分なんです。そして上記の気持ちを持っていても飲酒をしてしまう自分をじっと見ている自分も存在するのです。こちらも正真正銘の自分なのです。思考と行動が合っていない、つまり自分を騙す行動を続けるとどんどん自己肯定感が薄れていきます。自分に自信が持てなくなるのです。
断酒の手がかり

「飲まない意味」を噛みしめる

こんにちは、星ハジメです。飲酒は無意味な行為です。断酒は意味のある行為です。私たちの生活には意味のあることで満たしたいですよね?だって無意味な事をしても時間の無駄ですからね。今日の「飲まない」は最高に意味のある行為なのです。飲まない今日を積み重ねて私たちの生活を満たしていきましょう。
スポンサーリンク
断酒の手がかり

酒は物言わぬ支配者

こんにちは、星ハジメです。酒が飲みたい、こんな気持ちが湧き上がると強烈に飲酒に突き進みます。これが依存というものです。そして酒は何も私たちに要求してこないので自らの欲求を直ちに満たしてくれるのです。でもその欲求は本来の私たちの生活を酒への渇望という営みに変えてしまうのです。私たちは酒に操られていたのです。
断酒の手がかり

自らをコントロールなんて出来ないのですよ

こんにちは、星ハジメです。酒に溺れた私たちは酒に「気分の変化」を求めました。楽しいならさらに楽しくなるために、悲しいなら悲しさを振り払うために。でもその結果どうなりましたか?酒に依存してどんどん飲酒の深みにはまっていったのですよね。酒によって自らの気分をコントロールできていたつもりが逆に酒に踊らされていたのです。
断酒の手がかり

自らとの関係性が外との関係性になる

こんにちは、星ハジメです。自分自身との関係性は、自分以外の全ての人との関係に何らかの形で持ち込まれます。私たちは心の中に二人の人格を持っています。飲まない自分、飲む自分。この自らの中での関係性が私たちの環境に影響を及ぼすのです。良い事も悪い事も。
過去の記憶

休肝日?何それ?美味しいの?

こんにちは、星ハジメです。皆様は休肝日ってありましたか?週に2日程度は休肝日を作った方が良いらしいですwすみません、飲酒当時の私を思い出して笑ってしまいました。当時の私が言っています、「休肝日?何それ?美味しいの?」そんな私も現在連続休肝日650日超えです。
断酒の手がかり

飲まない世界へ飛び込みましょう!

こんにちは、星ハジメです。自らの成長って環境の変化がもたらします。ずっと同じ経験していても成長しませんよね。成長するって嬉しいんです。「去年の今頃はこんなことで悩んでいたのか、でも今はこんなこともできるようになった。本当に自分って成長したなぁ」自分が望んだ成長なら尚更嬉しいでしょう。酒なし世界へ飛び込みましょう。一歩を踏み出し環境を変えていきましょう。そうしてまだ見ぬ未開の地を 開拓するのです。
断酒の手がかり

断酒には我慢とは真逆の力が有効

断酒に有効な感情を知っていますか?それは期待感・成長感・挑戦感。 この三つの感情を意図的に高め断酒継続していきましょう。 さあ、今日も希望の断酒継続していきましょう!
断酒と〇〇

皆様の断酒パワーは何系ですか?

断酒してから新たな力が湧きますよ。それには様々な系統があります。 ご自分の系統を知りたいですか?この記事は断酒後に湧いてくる力を解説しております。 是非確認して自らの強みをさらに強化していきましょう!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました